低用量ピルとアフターピルの違い

低用量ピルとアフターピルの違い

アフターピルと低用量ピルにはどのような違いがあるのでしょうか。

アフターピルは「高用量ピル」とも呼ばれており、その名の通り含まれているホルモン量が多いのです。
低用量ピルは少量の女性ホルモンが含まれており、毎日1錠を服用することで継続的な避妊効果を得ることができます。
アフターピルは避妊に失敗した時のみ服用し、高い確率で妊娠を阻止してくれるのです。

アフターピルは頻繁に使用してしまうと身体に大きな負担となってしまいます。よって、何回も避妊に失敗した経験を持つ方は低用量ピルを服用した方が良いでしょう。

低用量ピルもアフターピルも、特定の婦人科やレディースクリニックで処方されます。
どちらも保険が適用されない自由診療となり、低用量ピルは1回の処方で3000~5000円、アフターピルは1回の処方で1万~2万円くらいかかります。

低用量ピルはアフターピルに比べて費用は安いのですが、毎月受診して処方してもらうのは時間とお金がかかります。そこで、低用量ピルも通販サイトを利用することをお勧めします。アフターピルと同様に、海外医薬品を扱う通販サイトで購入可能で、海外からの発送なので処方箋なしで安く入手できます。

低用量ピルは毎日欠かさず飲めば99.9%の確率で避妊に成功しますが、飲み忘れが発生すると避妊効果が薄れて妊娠してしまうリスクがあるため、低用量ピルを通販サイトで買う場合は念のためにアフターピルも併せて購入することをお勧めします。

低用量ピルには種類がありますが、一番負担が少ないのは黄体ホルモンのみを含む「超低用量ピル」と呼ばれるものです。通常の低用量ピルと同等の避妊効果が得ながら、身体にかかる負担を最小限に抑えることができます。