アフターピルの種類

アフターピルの種類

アフターピルと一言で言っても、様々な製薬会社が独自のアフターピルを開発して販売しているため、市場には色々な種類のアフターピルが存在しています。

日本でもっともよく知られているのは、「ノルレボ錠」と呼ばれるアフターピルで、日本国内ではこれが唯一承認されているアフターピルとなっています。

ノルレボ錠が発売されてから数年後、インドをはじめとする国々がノルレボ錠のジェネリック医薬品を開発して販売に至っています。代表的なジェネリック医薬品として、「アイピル」があります。アイピルはノルレボ錠よりも価格がずっと安く、同じ成分で同じ効果を得ることができるため、世界中の女性達に愛用されています。

それ以外では、「エラ」と呼ばれるアフターピルが120時間の猶予があり、ノルレボ錠とそのジェネリック医薬品の72時間に比べて余裕を持てることで人気が出ています。

アフターピルのほとんどは1回の事後避妊で1錠のみを服用するタイプのものですが、「ポスティノール」など12時間置きに1錠ずつ計2錠飲むタイプもあります。

このように、アフターピルには様々な種類があるため、通販サイトで価格や成分、服用方法などを比較して最も気に行ったものを選ぶことをお勧めします。
なお、日本の病院ではノルレボ錠しか処方されないので、希望のアフターピルがあってもそれを処方してもらうことは不可能です。

通販サイトはアフターピルの種類が豊富なだけでなく、それぞれの薬剤が格安で販売されており、違う種類のアフターピルを複数買うことも可能です。
よってアフターピルを飲んだ経験が無い方は、種類の違うアフターピルを複数買って効果や副作用などを比べてみるのも良いでしょう。