アフターピルは病院か通販か

アフターピルは病院か通販か

アフターピルを日本にいながら入手するには、2つの方法があります。

1つは病院に行って処方してもらう方法です。
病院では主に婦人科やレディースクリニックでアフターピルが処方されますが、婦人科・レディースならどこでもアフターピルを扱っている訳ではありません。

国が指定した医療機関でしかアフターピルは処方されないため、事前にアフターピルを処方してくれる病院かどうかを確認しておく必要があります。

また、病院でアフターピルを希望すると、自由診療となり健康保険が適用されず10割負担となってしまいます。
薬剤だけでなく、初診料または再診料、検査代などがかかり1万円以上かかってしまうでしょう。

もう1つの方法は、海外医薬品を扱う通販サイトから購入する方法です。
この方法では医師の処方箋なしでアフターピルが入手できるため、病院に行く必要がないのです。

通販サイトのアフターピルは病院処方に比べて価格が安く、経済的に負担をかけにくいのが特徴です。

避妊に失敗した後でないと処方してくれない病院に比べて、事前にアフターピルを購入できるので便利です。

1度の購入で複数のアフターピルが買え、まとめ買いでは1箱あたりの値段が下がることもあります。

このように、通販サイトは病院に比べてアフターピル購入に対するメリットがいくつもあります。

アフターピルの入手を考えている方は、通販サイトでの購入も検討してみてください。
ただし、持病持ちの方や副作用が気になるという方は、最初のアフターピルは病院で処方してもらい、2回目以降から通販サイトを利用するという方法もあります。

アフターピル通販の詳細については、「アフターピルの説明書~自身を守る~」で詳しく説明しています。